京都に住む人妻に割り切りな関係を求められ知り合いました。人妻にはなかなか出会いがない僕だったけどやっと出会いがあった。割り切り関係希望ということで嬉しかった。欲求が溜まってすぐにでもホテルに行きたいとメールで話していたので速攻会ってホテルに向かう約束をしました。

人妻は年齢の割りにすごく綺麗な美人さんでした。彼女はホテルに着くと同時にすぐにベットに行きました。

人妻熟女割り切り出会い

この見た目で35歳、女子力アップを頑張っているって言ってたからやはり何か目標がある女性は若々しいんだなぁと感心して見てたら誘われたのでベットに僕も行きました。

 

そこから無言でキス。内心照れつつキスに応える。ストッキング越しに太ももを撫で、ワレメに指を這わせて、、唇は離してくれない。 もう一方の手で胸を揉み始め、あぁ、濡れちゃう、、と呟いたと思ったところでそのまま、無言で覆いかぶさるようにキスをしてくる。少しきつめに抱きしめて胸を寄せて乳首を交互に愛撫する。 気持ちよさそうに思わず大きい声が出てた。エッチ自体、年末に旦那として以来、ご無沙汰だったらしい。

乳首を舌で転がしながら、手は胸を離れてアソコをパンティ越しに攻めた。クリをコリコリ、指で刺激しながら、残りの指?で下着を横にずらして濡れ具合を確かめてみる。

全裸になった僕はもう、興奮していて。 「舐めて、お願い。」と言って仰向けに寝て、フェラをしてもらった。念入りに舐めて吸い上げてくれて、袋を口に含んで転がしたり。
さすが人妻、経験が違う。フェラ大好きな人妻は、ちょっとお酒も入っていたせいもあって執拗に局部を攻められた。声にならないようなため息にも似た、あえぎ声を出しながら僕はビクビクしてる。 「うー、もうダメだ。」そう言いながら突然上半身を起こして、人妻のことを押し倒した。無理矢理人妻を押えつけてクンニをはじめた。 べちゃべちゃぐちゃぐちゃ、凄い音がアソコから聞こえてくる。舐めたせいもあって、相当濡れてた。 「洪水みたいになってるぞ、ここ(笑」 と、笑いながら指を突っ込んた。 突然の刺激に悲鳴のような声が出てた。 クリを舐めながら指で散々アソコを虐めて、いれて、いれて、と言う人妻は僕に頼んできたが僕は笑って流して何度も逝かせた。 人妻がグッタリしたころ、先っぽだけ入れたところで、動きを止める。 「先っぽだけでも気持ちいい?」そう言ってニヤニヤしながら人妻の顔を見た。 ちょっと入っただけなのに人妻はエロモードはスイッチオンになってて。 「意地悪言わないで」 とちょっと拗ねながら、腰をくねらせて自ら僕のを深く入れた。 奥深く入った途端、それまで散々焦らして焦らしてゆっくり攻めてきた僕のスイッチが入り人妻のお尻を抱えて腰を持ち上げるようにしながら、ガンガン突いた。自然と人妻の身体も前後に揺れて、胸までブルブル揺れてそれが気持ちよさそうで、悲鳴を上げながら喘いでいた。「気持ちいいんだろ?エロいなぁやっぱり人妻は」と、言葉でもなにやら攻めてしまって、恥ずかしいやら気持ちいいやらで訳のわからない状態で 、もっと、もっと、と言いながら自分でも腰を振ってました。

お互いが頂点に達した。

「も、、も、だめ、、」 そこからはヒューヒューと息が抜けるような音しか出なくて。でもそのまま逝ってしまった。 人妻が逝ったのを確かめてから、グッタリした人妻の唇に濃厚なキスをした。 「ああ、俺も逝くよ。中に出すよ。」 そうやって唇から僕の声が漏れたと思ったら、僕のモノがビクビクと、中で凄い反応をして出ていっているのを感じた。

人妻を犯すのってドエスの俺にはたまらん経験でした。