人妻不倫掲示板

「不倫は文化です。」石田純一さんが発言したとされる有名な言葉です。これについて、実際には下記のように話したという説もあります。

「忍ぶ恋とか思っているだけの恋とかそういう話があったっていいじゃないですか? なんでその一つの範疇に、常識とか価値観、それだけ以外は糾弾されなくちゃいけない? それは僕にはわからない。今までに文化を作ったいい音楽やいい文学はそういう事からも出来ているし、それは人それぞれが勝手で、小説が素晴らしければ褒め讃えられて、その人の行為は唾棄すべきものだ、と僕は思わない。人それぞれ人生あるから-

そして、太宰治やシェイクスピアも不倫を題材にした作品を世に残しているし、最近では上戸彩主演『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』や、前田敦子主演『毒島ゆり子のせきらら日記』、『不機嫌な果実』などが話題となった。不倫がドラマ化されるということは、それを見たいという一定の需要が見込まれるからである。やはり、石田氏の言うように「不倫は文化」と言えるのかもしれない。

不倫に魅力に取り憑かれた主婦達

日本では明治初年以来重婚を禁止しており、一夫一妻を婚姻形態をとっている。しかし、既婚者が婚姻関係にある人間以外と体の関係を持つことは当たり前のように存在する。最近では芸能人同士の不倫関連ニュースが後を絶たないし、実際に筆者の周りでも現在進行系で不倫をしている人は少なくない。永遠の愛を誓いあったにもかかわらず、なぜ不倫をするのだろうか?

なぜ不倫をするのか?

家庭崩壊、あるいは離婚というリスクがありながらもなぜ不倫するのか。そこにはいくつかの理由があるようだ。下記では女性が不倫に走る理由をあげている。

  • 夫婦生活のマンネリ化に退屈を感じて

夫婦関係にマンネリを感じ、その穴を何か他のもので埋めたいという心理が働くことで、身近な人間と不倫関係になる女性は多いと言われている。

  • 「危険な恋」に運命を感じてしまう

心理的な恋愛テクニックでもよく言われるように、人は背徳感やスリルを本能的に求める傾向があるとわかっています。特に女性はそれが強く作用する。

  • 潜在的な「自分の欲求」に気づいてしまう

普段は理性で抑え込まれている欲求が、ふとした瞬間に刺激され、爆発してしまう。これが不倫のきっかけとなる。

  • 身近な人付き合いで「きっかけ」があった

主婦は出会いの場が少ないが、潜在的な欲求があれば、宅配業者の男性や、近所の男性、ジムで顔を合わせる男性とちょっとしたきっかけでも不倫に発展する。

不倫に惹かれる最大の理由

男性にとっての不倫と女性にとっての不倫は、それぞれ魅力が異なるのかもしれない。例えば男性は都合のいい女を不倫の魅力とし、女性は本当に愛される喜びや、自分が女だあることを再確認できる機会として魅力を感じている場合が多い。

ただ、そこには勿論共通点もある。多くの男女が不倫に惹かれるその最大の理由は言葉では上手く伝えられないものなのだ。あえて言葉にするのなら「男と女だから」これに尽きる。

新しい不倫の形「セフレ」

愛や人間の深層心理に深く関わる不倫だが、最近ではもう少しフランクな関係としての不倫が流行している。それは「セックスフレンド」だ。不倫関係とセックスフレンドの違いは、前者が既婚者を対象とした言葉、それに対し後者は独身者も既婚者も含んだ関係である。さらに言えば、セフレ(セックスフレンドの略)は不倫よりもセックスを主な目的としている事である。いわばセフレは気軽な不倫ということだ。

人妻がセフレを募集する「匿名掲示板」が流行

最近では、気軽に不倫できると主婦の間で密かに匿名の人妻不倫掲示板が流行しているという。流行の理由はインターネットの普及と不倫ドラマだ。この2つ要素がお気軽不倫であるセフレ関係を流行らせている。

昔の専業主婦は、寂しくても出会いの場がなかったが、ネットが普及した現代では一人一台スマホを持っているため、家にいながらセフレを探せるというわけだ。さらに、不倫を希望していない女性でも、SNSなどでコミュニケーションをとっているうちに、いつの間にか不倫関係になっていたという事もある。

今、石田純一さんの言葉「不倫は文化」が現実となっているのではないだろうか。