私は彼女はいるのですが遠距離恋愛になってしまい、連絡も月に1回取れば多いという感じでした。

もう半年以上もヤッていなかったので、毎日ムラムラしていました。
そんな時に友達が出会い系サイトの話をしていたのを思い出して、ふと検索してみました。

今まではこんなサイト使った事がなかったのですが、セックスをしたいのが我慢できずについ登録してしまいました。

「女性も性欲が溜まってもしまうものなのかな?」と思いながら、アダルトな書き込みを見ているとそれだけで私のあそこはビンビンでした。

書き込みは凄い勢いで更新されていました。
これなら私が書き込んでも問題がないだろうと思い、その勢いにのって書き込み!

書き込みしてしばらくすると、40代前半の熟女からの連絡がきました。
何も考えずにいつものようにメールを返しました。
そしたら意外と会話弾み、今日の夜に外でその熟女と出会う約束をしました。

熟女と出会うなんて初めての事だったので、凄く緊張しました。
待ち合わせ場所に行くと、少し細目のお洒落な熟女がいました。
服装は結構お洒落で、40代には見えないほどに綺麗な女性でした。

その後はあまりにもいやらしい格好をしていた熟女とHな話で盛り上がりました。
私の息子はビンビンになってしまい、熟女も「Hな話ばかりしてたから濡れちゃった」と言ってきました。

私はそれを聞いて一つの作戦を決行することにしました。
その名も「濡れたパンティ確認させてよ作戦」です。

作戦内容は本当に濡れているかを履いてるパンティを確認させてもらう作戦です。
ひたすら私がお願いすると、「少しだけだよ」と股を広げて、見せてくれました。

私は「暗いから見えない」と無理やりまたを広げて、顔を近づけます。
これが想像していた以上にびしょ濡れでとてもHな匂いで漂っていました。

私はこっそりとパンティをずらしてあそこに指を入れてみると熟女が「あぁっ」と可愛らしい声を出してきました。
この瞬間私はヤレると確信し、その後すぐに胸を揉んでみると凄くいやらしそうな声で喘いできました。
「そんなにおっぱい気持ちいいの?」と聞いてみると、「うん、もっと乳首ペロペロして欲しい」とおねだりしてきました。

その後熟女の乳首を噛んだり舐め回したりしていると熟女が「我慢出来ない早く突いて」とまたおねだりをしてきました。

思った以上に締まりがよく、彼女よりもかなり気持ち良いアソコです。
その後結局5回くらいハメてしまいました。

初めての熟女とセックスをしましたが、熟女とのイヤらしい体とテクと誘い方には全く飽きません。
熟女と出会えて本当に良かったです。