私が出会いましたのは、ちょっと幼い感じの熟女でした。
彼女は一目見て分かるほど、バストが大きかったんです。
それに対して、ヒップはとても小さかったですね。
そのアンバランスさがたまんないと思いましたけど。

彼女とは駅で待ち合わせることになりました。
ちょうど、その駅の裏にホテルがあったので、彼女にはそのことは教えていませんが、そこにしようと決めました。
電車で行ったんですが、電車に乗っているときにある熟女を見かけました。
あらかじめ聞いていた彼女の服装と同じに見えましたが、もし違ったら恥ずかしいので様子見するだけにしました。
電車を降りて、駅から待ち合わせ場所まで、ずっと電車で見かけた女性のすぐ後ろを歩いていくことになりました。
結局その女性が待ち合わせの女性でした。
以上の経緯を彼女に話しますと、彼女のほうでも電車の中で私に気が付いていました。

あらためて彼女の頭の先からつま先まで視線を這わせますと、とても大きなバストに目を奪われました。
首元が大きく開いた服を着ていましたから、きれいなデコルテと谷間がアピールされていました。
ただ、先ほど後姿を拝見したときは、ヒップは小さめだという感想を持ったことを思い出しますと、よくもまあバストだけがそこまで大きくなったものだと思います。
隠す気もないあふれ出るセックスアピールに、他の男に目を付けられる前に速やかにホテルにたどり着くべきと変な焦りを感じてしまいました。

焦りを表に出さないように気を付けながら、彼女が着ている服をほめながらホテルまで歩きました。
話しに夢中になっているうちに中に入ってしまおうという姑息な作戦です。
そちらに関しては、ばればれだったと思います。

エッチの前に、彼女はピルを飲んでいると言っていましたが、コンドームを着けました。
彼女には悪いですけど、相手の言うことを軽々に信じるほど私は甘くないんです。
心配性なくらいでちょうどいいんです。
彼女のフェラはとても気持ちよかったです。
舌先でペロペロされるのがたまりませんでした。

出会い掲示板で見た彼女のプロフィールには45歳と書いてありましたが、45歳の熟女にしては口調が幼かったと思います。
メールの文面だけを見れば女子〇生みたいでした。
実際には、そのくらいの子供がいても不思議ではない歳ですね。
ピルを飲んでいるほどですから、出会い系での男遊びはベテランですが、奔放な性格は男受けがいいでしょうね。
少なくとも私は落ちました。
末永くお付き合いしたいですので、嫌われないように男磨きをしたいと思います。