「セックスするのに上品もなにもあるか!」という意見も分かりますが、よく考えてください。『最初から下ネタ全開の下品な女性』と、『セックスすることが分かっていても上品な女性』がいた場合、どちらとセックスしたいですか?

私としては、やっぱり後者です。今は下品な女性のほうが大多数だと思いますが、だからこそ上品な女性はより一層輝いて見えるし、「この上品な女性が自分とのセックスで喘ぐのか…」なんて想像すると、それだけで興奮しますよね?

とはいえ、出会い系で上品な女性を探すのは難しく、運が悪いと1年くらい使っても会えないかもしれません。私も出会い系で上品な女性を探していましたが、ある程度絞って探さないと、いつまでも見つからないと思いました。

ちなみに上品な女性をピンポイントで探すなら、『熟女と呼ばれる年代の女性』がおすすめです。具体的には30代後半から50代くらいの女性でして、若い子が多い出会い系だと難しいかもしれません。

熟女に絞った理由は単純で、『男も女も年齢を重ねるほど大人しくなりやすいから』ですね。たとえば学生の頃はやんちゃしていても、30代くらいから落ち着いた人って多くないですか?それと同じ理屈で熟女に絞ったら、これが大成功です。

私が会ってみたのは40代のO(仮名)という女性で、Oさんは既婚者でもありました。しかし、これくらいの年齢だと倦怠期に悩む人が多いように、Oさんだってそれは変わりません。雑談していると夫に対する不満が見え隠れしていて、「この人は会えばセックスしやすそう」と簡単に予想できたのです。

その予想は間違っておらず、デートに誘うとすぐに来てくれたし、会話が盛り上がってからホテルに誘うと、「遅くなりすぎないなら…」と応じてくれました。もちろんホテルに到着するまではとてもお淑やかで、これから浮気セックスするなんてまったく想像できないでしょう。

しかし、上品な女性にも性欲があるように、ホテルまで来ると一変します。私が言わずともフェラをしてくれて、しかもその吸い付き方がまるでひょっとこみたいでした。上品な女性がこういう下品なフェラをしてくれると、やっぱりたまりません。

挿入したときの喘ぎ声も本能丸出しで、まったく抑えようとしません。ラブホテルで好きなだけ声が出せるせいか、お互いが満足するまでOさんは声を上げ続け、少しだけ長居してしまったのです。

Oさんとは以降も上品なデートをしつつ、ホテルでは下品なセックスをしていますよ。