ナンパした人妻熟女に中出しpart1

今までのセックスの相手は10代、20代の独身女性でしたが、先日人生初の48歳の人妻熟女とセックスしました。

僕は熟女が好きです。

DVDレンタル店の店員は気付いていたでしょうが、AVは熟女系ばかり借りてました。

僕が求めているのは、エロさです。
あと上品な話し方。

今までは、何人も熟女をナンパしても失敗に終わり、熟女は雲の上の存在でした。

いつものように雑貨屋でうろうろしていると後ろ姿のセクシーさに反応して、前へ回り込み確認。美人で巨乳しかも谷間もろ見えな熟女と出会いました。

目が合い吸い寄せられるように近づき

「それは何の香りですか?」
「柑橘系よ。フルーティーなの嗅いでみる?」

首筋に一吹き
「どお?」
「えっ?どおって、嗅いでいいんですか?」

谷間に鼻を近づけ吸い込むと

「甘い匂い・・・」
「どこ嗅いでんのよ、恥ずかしいじゃないの!」

僕は谷間しか頭になかった、でもいい香りでした。

「てゆうか知り合いだっけ?・・・まさかとは思うけどナンパ?いくつなの?」
「25です。」

「若いわね。私はその倍よ。」
「見えないですよ。」

「ありがとう。でもそんなことはいいのよ・・・・彼女いないの?」
「年上のお姉さんがタイプなんです!・・・僕にも香水選んでください・・・この香りだったら「付いて行きそう」な感じのやつ。」

「もぉ。ま、時間あるからいいけどねーw」

「男は少し爽やかな匂いがいいのよ。」と言い、ラベンダーの香りを選んでくれました。

その後、彼女から積極的に誘われて、カフェ→靴屋→酒屋→ホテルへ。

カフェでエッチな話をしたからか、その時にはホテル行きを決めていたのかもしれません。

カフェでコーヒーを飲んだ後から勃起してきて、彼女はそれをチラチラ見るし僕は治めるのに必死で、ホテル着く頃にはパンツはカウパーまみれでした。

続きはPart2へ