わたしが体験した謎多き熟女との出会いについて書きたいと思います。
謎が多いというのは、個人的なことを聞いてもほとんど教えてくれなかったからなんですね。
エッチをして深い関係になっても、私生活が想像できません。
あまり深入りできないのが出会い系の歯がゆいところですね。

その日、彼女は全身黒の装いでやってきました。
洋服のことは詳しくないんですけど、フォーマルな装いといったら通じるでしょうか。
喪服じゃありませんでしたが、家族にはだれか知り合いが死んだことにして抜け出してきたのかもしれません。
そうやって何人もの人を殺してきたのでしょう。
本当に殺してたりして。

そもそも、掲示板のプロフィールの情報が少ない熟女で、年齢も分かりませんでした。
実際に会ってみても、彼女の見た目からは年齢は分かりませんでした。
地雷の可能性もありましたけど、いざとなったら逃げればいいと思いました。
結局怖いもの見たさが先行しました。
当たって砕けろの精神ですね。
相手の女性からすれば、わたしのほうが地雷かもしれませんし、お互い様です。

待ち合わせてからはまっすぐホテルに向かいました。
部屋に入って、キスしたりあちこち触ったりしながら、彼女の後ろに回りました。
そして彼女の服を脱がしていくと、背中に幾つものミミズバレの跡があるのに気づきました。
しかし、彼女とはノーマルなエッチをして、何も要求されませんでした。
わたしにはSM的なことは無理ですけど、彼女が普段どんなセックスをしているのか興味があります。
やり方について詳しいことは本人が教えてくれるでしょうけど、仮にわたしに彼女にミミズバレを刻む役が回ってきたときに、力を入れて引っ叩けるのか自信はありません。

ネットで調べてみると、複数に枝分かれしたムチを見つけました。
ムチというのは、てっきり一本なのだと思っていたら、プロは凄いものを使っていたのですね。
見るからに痛そうでした。
こんなので好きな人を叩ける人はどうかしてるんじゃないかと、そのときは思いました。
しかし、彼女の背中のミミズバレの跡を思い出すと、あれほどのものは本人が嫌がっていてはできないでしょう。
こういうのって、やっぱりスナップを効かせた方がいいのかしら。
リストの返し方とか今から研究しないと。
色んな熟女の要望に応えられるようにしておけば、出会い系での選択肢も広がりますし、いつか来るその日のために、今のうちから覚悟を決めておかないと。