年増というのは、女性からすれば嫌な言葉でしょうが、私のような熟女好きな人種にとっては誉め言葉に類します。
江戸時代には二十歳過ぎたら年増と呼ばれていたといいます。
いまでは30から40歳代を年増とされています。
つまり、時代によって年増の範囲は異なるのですね。
その原因は、女性の寿命が延びたからか、歳を重ねても魅力的な女性が増えたからか。
私は後者と考えたいです。
女性の女盛りの期間が延びたのです。
これを過ぎると「とうが立った」などと言われるんでしょうけど。
それはそれでいいものですよね。
結局、年増かどうかの基準は主観的なものだと考えていいと思います。
ちなみに、私にとっての熟女といえば40歳以上のことです。
しかし、ここで紹介する女性は30代です。
30代の女性はピチピチでしたね。

その女性とは掲示板で出会いました。
彼女が掲示板で男との出会いを求めていたのは、旦那とセックスが疎遠になったから。
夫婦の仲は悪くないけどセックスがない。
けど、セックスはしたい。
そういうのは出会い系を利用しているような熟女にはよくあることで、今どき珍しくもありません。
それだけバカな旦那が多いということですが、そのおかげで私のような人種が幸せになれるのです。
不倫する男の側から言えば、その手の人妻との関係は深入りしなくていいというメリットがあります。
彼女の場合、パートするようになって、ほかの男が目に入るようになったのが大きかったようです。
私の中の良心は、そういうことなら止めた方がいいとアドバイスしたくなりましたが、もちろんそんなことは口にしません。

彼女によると、彼女は30代で、具体的には36歳と言っていました。
彼女はそんなことないと謙遜していましたけれど、私からすれば若い体を堪能させてもらいました。
ピチピチの肌で、日頃の主戦場の40代の女性とは違います。
旦那が興味を失っているだけあって、ろくに使われていない彼女自身はとても締まりがよく、私のものに吸い付くようでした。
大げさでなく三こすり半で逝ってしまいましたね。
封を開けていないコンドームが枕元に転がっているのを見つけた時は血の気が引きましたが。

避妊を忘れてしまうくらい夢中になってしまいましたね。
体の相性の良さゆえ我を忘れてしまったのでしょう。
30代は年増ではないとの思いは変わりませんが、手放すには惜しいと思いました。

そこで、考え方を変えることにしました。
今はまだ若いとはいえ、いずれ歳をとり、熟女になるのです。
だったら、ワンナイトラブではなく、これから長く付き合っていく中で、自分好みの熟女に育てていくのも面白そうです。

旦那が知らないところで妻が淫らになっていくことを想像すると興奮してきました。
これを読んでいる人には悪いのですけど、彼女を掲示板で見つけることはできません。
他にいい人との出会いがあるはずだから、そちらを見つけてほしいと思います。