私の場合は掲示板ですごく上品な熟女と出会いましたよ。
その人は一見するととても不倫をしているようには見えませんでしたね。
でも、これが初めての不倫ってわけではなさそうでしたね。
彼女が育ちも嫁いだ先の家柄も良さそうなのに不倫しているのは、人に言えない悩みや不満があるんでしょうけどね。

もっとも私は人の悩みに興味を持てませんので、普段から聞き流すだけにしています。
だから、不倫相手が何か不満を話していたと思いますけど、よく覚えていませんね。
ろくすっぽ聞いていないから、アドバイスとか説教をしなくてすんでいるとも言えますね。
かえって黙って話を聞いてくれるから、女性たちから、自分の話を聞いてくれる人という認識を持ってくれるんですよ。

女性からは、あなたは話が面白いとよく言われるんですね。
けれど、私は何の意見も言わないんです。
相槌とか返事だけにしています。
ずっとそんな調子ですから、聞いた話も覚えていません。
男の話も女の話も、誰の話も聞き流しています。

彼女は掲示板のメッセージからも品の良さを感じさせたんです。
たいていの熟女は年齢より若ぶった文章を書くものですが、彼女はほかの女とは違って、普段の性格をそのまま出したような文章でした。
それがここでは珍しく感じて、彼女の文章みたいなテンションのメッセージで連絡してみると、彼女から返事がありました。
それで実際に出会うところまで持ち込むことができました。

会ってみると、想像よりも上品な女性が来てびっくりしましたよ。
それで最初に書いたような、まさかこんな女性がと思ったんですね。
会う人ごとにタイプの違う熟女と出会えるのがいいんですよ。

普段から雰囲気の上品な人は寝室でも上品さを失いませんね。
寝室の中でこそ、普段の態度が本物かどうかの化けの皮が剥がれると思います。
彼女はその点、品の良さは体に染みついていましたね。
本当に生まれつきのものなんでしょう。
エッチの最中もシーツを噛んで声が出ないように我慢していましたよ。
そのしぐさがたまらなく、なまめかしかったですね。
もっともっと気持ちいいことをして、大きな声が出るように頑張りましたよ。
やっぱり上品な女性が乱れる姿は最高ですね。

彼女がほんのひと時の不倫相手との時間を楽しんで帰る後姿も上品さが隠せませんでしたね。
その後ろ姿を見送るのは寂しい気もしますけど、また会う約束をしてのお別れだから、希望を持ったお別れです。
こうしている間もその日を楽しみにしています。