高校生の時から兎に角大きな白いお尻が好きなんです。

くびれから大きく張ったお尻、サイズでいうと90以上の巨尻を後ろから鷲掴みにして…という妄想はつきません。

その辺で自転車に乗っているお尻にもすごく興奮します。
若くてピチピチしたお尻より少しだらしない感じのモチモチ?ムチムチ?したお尻が好きです。

そんな巨尻を想像して毎日オナニーしていたらチンコも凄く大きくなり、20歳すぎた頃には俗に言うところの”巨チン”へとなりました。

根元から掴んでも亀頭が丸々出るほどで、物で例えるとカラオケマイク位です。

そして巨尻を求めスポーツクラブへ通っていた時の事です。

昼間のスポーツクラブはおばさんというよりおばちゃん(60代位)が中心で、その日も20人ほどのおばちゃんが水泳レッスンを受けていました。

私はフリーコースで軽く泳ぐのですが、そこに好みの巨尻が前をプカ~プカ~としてたのです。

しかも2人!!
恐らく30代後半。

1人は155cm位のコロコロタイプ(仮名:コロ実)、もう1人は160cm位でポッチャリ型(仮名:ポチャ子)。
2人とも色白で申し分ありません。

私はもう堪らずに、ゴーグルを着けて巨尻をさりげなく追いかけました。
平泳ぎ2人の後ろを泳ぐのがワクワクします。

巨尻の熟女を3Pで後ろから犯す話Part1

プールの中ですが少しチンコが反応してきました。

4~5往復するとポッチャ子がジャグジーへ向かったので、怪しまれないように時間差で私も上がりました。

ジャグジーの中は2人だけだったので無駄にドキドキしました。
奥のポチャから1人分開けて横になりました。

しばらくするとコロ実が上がってきて間に入ろうとしたので、ここぞとばかり足をのばし妨害してやりました。

「あっ」と小さな声を出し、つまずいて私の方へ倒れその弾みで彼女の右手が私のチンコに…。

弾力のある胸が不意に私の顔に…。

「ごめんなさい」
「いぇいぇ~」

「こんなおばさんに抱きつかれても嫌よねぇ~」
「そんな事無いですよ。正直ドキドキしました」

「本当に?」
「本当ですよ!」

それから、なんとなくお互い意識した後、ジャグジーの泡の中で手がコロ実の手に当たったので握ってみると、すぐに握り返してきました。

これは脈あり?と思い、太腿に沿って水着まで手を伸ばしました。
こちらのチンコはフル勃起です。

嫌がらないので、思い切って水着の中まで手を入れて触ると。
もう十分に濡れています。

「んふぅ」と押しころしたよう吐息が漏れます…。

そこでコロ実の左手を掴みチンコを握らせてみました。
「えっ!?」とチンコの大きさにビックリしたのか思わず私の顔を見てきます。

すると……

巨尻の熟女を3Pで後ろから犯す話Part1