社長の奥さんと・・・Part2

翌日

昼過ぎに奥さんのマンションに行きました。

会社での服装と違い、膝上の白のタイトスカートに白の薄いブラウスを着ていて、少しだけ紫色のブラジャーが透けて見えていました。
奥さんは室内なのにハイヒールを履いていました。

家へ入るなりいきなりディープキスをしてきました。

「待ってたわ。こっちにおいで。」

手を引かれリビングへ行き、ソファに座りました。

「K君!どう?似合ってる?」

「とても似合ってます!」

「私ね・・・帰ってから我慢できなくてオナニーしちゃったの。」

奥さんがテーブルに顔を向けたので見てみると、
そこには電マがありました。 「ちょっと手貸して。」と奥さんに手を取られスカートの中に手を入れると…
Tバックを履いているのが分かり、しかも湿っているのが分かりました。

「ねぇ~凄いでしょ?このまま後ろからチンコ入れて」

そう言われ、僕はその場に立ち上がり、ズボンを脱ぎ奥さんの腰を両手で掴みます。
奥さんの手が股の下から伸びてチンコを握り、Tバックをずらして挿入しました。

すると奥さんは
「これよっ!!突いて、もっと突いてっ!いっぱい動かして!中に出して!」

力任せに腰をパンパン動かし、すぐイってしまいました。

「あーーもう出したのね?出てるの分かるわぁ」

「早くてすみません。」

「いいのよ。抜かないでそのまま動かしてぇ~」

奥さんの言われるとおりにそのまま腰を動かすと、またすぐイってしまいました。
奥さんからチンコを抜き僕はソファに座りました。

「早くて、すみません。」

「いいのよ。経験が少ないんだから謝る事じゃないわ。」

「すみません・・・」

「でも、久しぶりだったわ!マンコに出してもらったの」

「そうなんですか?」

「3ヶ月前までは、セフレいたんだけど・・・セフレが転勤しちゃってね・・・」

「そうなんですね・・僕じゃ物足りないんじゃないですか?」

「そんなことないよ。これからが楽しみだもの♪」

その後は、69、騎乗位など色々勉強しながら何度も中出ししました。

翌日・・・
奥さんからメールが来て

「今日も待ってるから、予定無ければおいで~」

「喜んで行きます!」

そしてマンションに行き、玄関を開けると・・・ 奥さんが全裸でマンコにバイブを入れて、M字開脚の状態で待っていた。

部屋へ入るとズボンを脱がされ即尺をされチンコが元気になった所で
奥さんが四つん這いになり、マンコからバイブを抜き代わりに生チンを挿入しました。
奥さんは前からオナニーをしていて、イク寸前で止めていて、生チンを挿入すると

「いぃ~いいわぁ!イクッイっちゃう!!一緒にイってぇ!!」

マンコの締め付けが凄く初めて同時にイキました。

それからセフレ関係を続けていましたが、最近彼女ができ、一旦仕事以外では会わない事にしました。

奥さんに鍛えられた僕は、一回行くまでに、
彼女を2~3回イかせられるまでになりました。

ちなみに彼女は45歳の人妻です・・・

僕は根っからの熟女好きのようですww

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

出会い系サイトランキング

人妻・熟女が利用している人気の出会い系サイトのオススメ一覧です!