最近、美魔女ブームとかで、歳をとってもきれいな女性が多くなりましたよね。
僕のささやかなこれまでの出会い系での経験では、年上の女性とは会ったことがありませんでした。
しかし、なぜかここのところ年下の若い女の子には空振り続きで、見た目が若いなら年上でもいいかなと熟女に手を出すことにしました。

掲示板では年下とは何度も出会いを成功させていますから、女性とやり取りするのは問題ないんですが、年上相手はちょっと緊張しましたね。
最初だし、年下の男の扱いに慣れてそうな経験豊富な熟女を探してみました。
年下の扱いに慣れていたら、こちらの阻喪にも目をつぶってくれるかなと期待したんですね。
でも、掲示板で目星をつけた女性にファーストメールを送るときにはかなり緊張しましたね。
メールを送信するときに思わず背筋が伸びちゃいましたよ。

幸い、その女性のほうも僕に興味を持ってくれて、無事メールを交換するようになりました。
そこからは彼女のほうが僕を積極的にあおってくる感じがありましたね。
こうして思い起こしてみると、そのころから彼女にペースを握られていたんでしょうね。

彼女と対面したときの第一印象は、上品な顔立ちでいかにも熟女って感じでしたね。
文面から感じたとおりの印象でした。
全体の雰囲気から、どことなく知性を感じる女性でしたよ。
しかし、経験上、そういう知性を感じさせるタイプはベッドの上での乱れ方がすごいんですよね。
これに関しては年齢は関係ないと思いますね。
とはいえ彼女は僕の想像をはるかに超える女性でした。

僕が言い出す前に彼女からホテルに行くように言われました。
ホテルに入ると、案の定、上品な見た目に反して、ベッドの上では乱れてくれましたね。
まずは正常位で。
中に入れると、膣圧がすごくて吸い付いてきましたね。
熟女だからもう来ないので、安心して中出ししましたよ。
そのせいか、締めつけられて全部搾り取られたと思いますね。

正常位でしたときに、あまり腰に力が入らなくなった状態になりました。
そこで続いて騎乗位でまたがってもらいました。
そして、彼女のイヤラシイ腰使いに、もう一滴も残っていない状態まで吸い取られた感じです。

足腰立たないところまで搾り取られて、熟女の魅力に目覚めてしまいましたね。
これまで出会っていたのが年下ばかりだったのは損していたことに気が付きました。
貴重な経験ができたと思いますが、これからは、年下と年上の相手をしないといけないから、忙しくなりますね。