犬の散歩中ご近所の奥さんに手コキしてもらった話

その奥さんは30代後半で、乳はそんなに大きくない。

俺はジョギングの帰りで、犬の散歩をしていた近所の奥さんと偶然遭遇してついでに散歩に付き合った。

途中いつもの散歩のルートなのか駐車場に入った。そこで2、3分話していると急に俺は小便がしたくなり家までは10分位あるしもう漏れそう。

俺は奥さんに「ちょっと立ちションしてもいい?」と言った。

すると奥さんは「見ないからしていいわよ。」

と言って後ろを向き、俺はその場でチンコを出した。小便中少し緊張して半立ちしてしまった。

俺は「やべっ!」と声に出してしまった。すると奥さんが急に「どうしたの!?」と振り向いた。

俺は唖然とした。

奥さんは「ごめんね。もう終わったと思ったから。」と言い

「○○君のチンコ見ちゃった。」と言われた。

気が動転して「見た感じどうですか?少し立てるけど・・・」と言うと、

「え?私で立ってるの?少し恥ずかしいけど嬉しい・・・本当に硬くなってるー?」

と言ってきた。

俺は「本当ですよ。チェックしますか?」

と言うと、奥さんは

「チェックって触ってもいいの?でも緊張するな、若い子のチンコなんて触った事ないから。」

と言い、犬のロープを近くの木の枝に引っ掛けた。

「じゃあお言葉に甘えて、チェックするわね」と言った。

指先で恐る恐る亀頭をツンと触ってきた。もうおれのチンコはカッチカチ!

奥さんは「本当に硬いね。このままにしておくのも可哀想かな。」と言ってきた。

俺は「そんな事言うと期待しちゃいますよ。」と言うと

「私でコレだけ大きくしてくれたんだから、手だけならしてあげるよ。」

と言ってくれ、俺のチンコを強く握り上下にシコシコしてくれた。

まじで快感だった。

奥さんは「どうかな?あまり上手じゃないけど気持ちいい?」

と言ってきたので「最高ですよ。」と言った。

そして、最高潮に達した俺は、手コキのピッチを上げてきた奥さんに「出ます!」と言い壁に出した。意外とたくさん出たので、奥さんもビックリしていた。

でも奥さんは出した後も俺のチンコから搾り出すようにゆっくりしごいてくれた。

持っていた小さいハンドバッグからポケットティッシュを取り出し俺のチンポを掴みきれいに拭いてくれた。

奥さんは「はい!もう終わり。満足してくれた?」と言ってきたので、俺は「大満足です!」
と答えた。

奥さんは俺の履いてたズボンまで履かせてくれて、最後に亀頭をツンと触って俺のチンコをズボンにしまってくれた。

俺は「またしてもらいたいな。」と冗談で言うと、「大体この時間に散歩してるから、また立ったら声かけてもいいよw」

なんて冗談で答えてくれた。

その後、俺と奥さんはエロトークを交えて家に帰り着いた。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

出会い系サイトランキング

人妻・熟女が利用している人気の出会い系サイトのオススメ一覧です!