私の母親は、中学生の頃に亡くなりました。当然ながら同学年に同じような経験をした人はおらず、同級生も先生も腫れ物を扱うかのように接してきたのですが…周囲の反応を見ていたら、落ち込んでもいられません。 というか母が死んだという出来事自体に現実味がなく、涙が出てきたものの自分の感情がなんなのか上手く整理できませんでした。それを父親に伝えてみると「お前くらいの年齢なら仕方ない」と優しく言ってくれて、それからは男手一つで私を育ててくれたのです。 そんなわけで父には感謝しているし、就職後に独立したら仕送りもするようになったのです。父は「自分のために取っておくほうがいい」と言うものの、あれだけ世話になったならばなにか恩返しがしたくなるのも当然ですよね? 1人暮らしは楽じゃない…と思っていたのですが、母が死んでからはできるだけ家事なども手伝っていたので、言うほど大変でもありませんでした。たしかに忙しいとは感じていましたが、余計なことを考えずに済むと思えば悪くありません。 しかし仕事にも慣れて時間に余裕が出てくると、急に寂しさを感じるようになりました。子供の頃ですらそんなに感じていなかったのに、おかしいな…と父に相談すると「それが大人になるってことだよ」とまた優しく教えてくれたのです。 大人になると孤独の重みも分かるらしく、それで私は「誰かに甘えたい…」と思うようになりました。ただ、父とは離れて暮らしているし、そもそもこれ以上迷惑はかけたくありません。そんな私にとってありがたい存在が『出会い系で見つけた人妻』だったのです。 寂しさを紛らわせるために出会い系を使ってみたのですが、これは間違いではありませんでした。こういうサイトにも優しそうな人はいますし、とくに既婚者…人妻は包容力のある人が多かったように思えます。 結婚という人生経験があるせいか、私の抱えている孤独もしっかり理解してくれて、話しているだけで癒されてしまいます。ときには会って直接慰めてくれる女性もいまして、そういう人とはセックスもしていましたね。 出会い系を使う人妻も寂しさを感じているのか、会うと温もりが欲しくなるようで、自然とそういう流れになります。既婚女性と抱き会っているなんて知ったら、父に怒られるかもしれませんが…今の私にとっては、とても大切な時間なのです。 もしかしたら、人妻たちに母の面影を感じているのかもしれない…なんて思うと、私もまだまだ子供だと実感します。

人妻と熟女に会えるおすすめ出会い系サイトはこちら